2019年3月12日火曜日

美味しいたけのこの間隔


こんにちは。

今回も引き継ぎBエリアの清掃を行いました。
一般的に、美味しいたけのこを収穫するには10r1000平方メートル)に200本程度が良いと言われています。
下の写真の左側くらいの間隔は最低限欲しいです。

まだまだ剪定されていない場所も多いため、3月下旬のシーズン向け急ピッチで剪定を進めていきます。























写真に写っている太い竹は、孟宗竹になります。
大きなものは直径15cmを超え、高さも25mくらいに達するものもあります。

フシが白い竹が若い竹、フシが黒くなっている竹が古い竹になります。

孟宗竹は肉厚で柔らかくえぐみが少ないため、とても美味しです。
真竹も食べることはできますが、えぐみが強いため下ごしらえが大変です。
TBJでは主に孟宗竹を出荷しています。



詳しい料理の話はたけのこを収穫し、たけのこ料理を作った際にあらためてお知らせします。

2019年3月2日土曜日

Bエリアの清掃と崖


こんにちは。

3月末からはじまる、たけのシーズンに向けBエリアの清掃を行いました。
たけのこは日光が当たる場所から生えてくるため、日光があたるように地面をきれいすることが大切です。
また、新しい竹が生えてくるように、親竹を残して間引きをするこも大切です。
間引きは日光をより地面に当てる効果もあります。




















清掃前はこんな感じで、地面を枯竹が覆うっていました。






















40分ほど清掃をして、地面の枯竹を取り除きました。























まだまだ、清掃しなければいけないところは多いですが、がんばります。
そして、Bエリアは崖に面しているのですが、枯竹を焼却する焼き場が崖の下なので、Bエリアの崖から竹を落とす作業も行いました。
下からみた光景は滝のようでした(笑)。













次回は3月10日に清掃予定です。

美味しいたけのこの間隔

こんにちは。 今回も引き継ぎ B エリアの清掃を行いました。 一般的に、美味しいたけのこを収穫するには 10r ( 1000 平方メートル)に 200 本程度が良い と言われています。 下の写真の左側くらいの間隔は最低限欲しいです。 まだまだ剪定さ...